水無月

六月のお菓子

   
    写真:朝露.jpg

朝露(煉切)

ひんやりとした初夏の早朝、紫陽花の葉に露が降りています。輝くような朝露を、煉切と錦玉で表現しました。中餡は小豆こし餡です。

   
写真:紫陽花.jpg

紫陽花(きんとん)

紫陽花に降り注いだ雨の粒が煌めいています。丹波大納言つぶ餡を包んだきんとんと錦玉で、雨の季節の趣を表現しました。

   
写真:若鮎.jpg

若鮎(上用)

清流を活き活きと泳ぐ若鮎を表現しました。小豆皮むき餡を包んだ白上用生地に水色をぼかし、鮎の焼印を押しています。

   
写真:枇杷.jpg

枇杷(煉切)

初夏の訪れとともに、枇杷が実りの季節を迎えています。枇杷の実の形を煉切で表現しました。中餡は小豆こし餡です。

   
写真:水牡丹.jpg

水牡丹(葛)

季節を彩る美しい佇まいの花、優美な牡丹を涼やかな本葛で表現しました。紅餡を包み、茶巾絞りにして仕上げています。

   
写真:鉄仙.jpg

鉄仙(外郎) 

紫の花びらが印象的な季節の花、鉄仙を表現しました。白こし餡を包んだ紫外郎生地に、芯に見立てた白煉切をのせています。


写真:長雨.jpg

長雨(導明寺)

しとしと降り続く長雨の柔らかな雨音に心癒されます。雨の季節の情景を導明寺羹で丹波大納言つぶ餡を巻いて表現しました。



季節を彩るお菓子をご用命ください。
こちらの商品は店頭のみの販売となりますのでご了承ください。