今月のお菓子|御菓子司 明石屋
明石屋トップ>今月のお菓子

今月のお菓子

睦月

一月のお菓子

   
写真:sasamusubi.jpg

笹結び(煉切)

年の初めのめでたさを表現しました。笹の葉の形にした煉切で大納言つぶ餡を巻き、縁起の良い笹結びに仕上げています。

   
写真:aradama.jpg

あら玉(煉切)

磨くほどに輝く「粗玉」のように、可能性に満ちた新年への明るい希望を、煉切で表現しました。中餡は小豆こし餡です。

   
写真:tancho.jpg

丹頂(上用)

新春にふさわしい丹頂鶴の優雅な姿を表現しました。小豆皮むき餡を包んだ卵型の上用饅頭に、紅羊羹を配しています。

   
写真:tokiwagi.jpg

常盤木(きんとん)

初春の清々しい雰囲気の中、松の緑が彩りを添えています。時を経ても変わらない松樹をきんとんで表現しました。

   
写真:kiltuko.jpg

亀甲(棹物)

華やぐお正月。栗入り錦玉と小豆羊羹を流し合わせにしました。亀甲型に仕上げて、長寿の願いを込めています。

   
写真:sinnsyun.jpg

初春(きんとん) 

新年への期待に満ちる初春の風情を表現しました。丹波大納言つぶ餡を包んだ紅白のきんとんで仕上げています。


写真:hukuume.jpg

福梅(外郎)

寒さの中に咲く梅の花の美しさ。あたたかな気持ちにさせてくれる花を、薄紅外郎皮で表現しました。中餡は白餡です。




季節を彩るお菓子をご用命ください。
こちらの商品は店頭のみの販売となりますのでご了承ください。

2022冬カタログ