今月のお菓子|御菓子司 明石屋
明石屋トップ>今月のお菓子

今月のお菓子

神無月

十月のお菓子

   
写真:teriha.jpg

照葉(煉切)

鮮やかに色づく木の葉。秋の陽に照らされた美しさに魅了されます。木の葉の形にした煉切で小豆こし餡を巻いて表現しました。

   
写真:kouringiku.jpg

光琳菊(上用)

美しい菊の花が咲いています。光琳菊で、風情豊かな季節を表現しました。小豆皮むき餡を包んだ白上用生地で仕上げています。

   
写真:yamajinonisiki.jpg

山路の錦(きんとん)

秋の賑わいをみせる山々。美しく広がる山路の秋景色を三色のきんとんで表現しました。中餡は丹波大納言つぶ餡です。

   
写真:kanro.jpg

寒露(きんとん)

庭の草木に降りた露が朝陽に輝いています。丹波大納言つぶ餡を包んだ緑色のきんとんに錦玉を散らして秋の趣を表現しました。

   
写真:akiirodoru.jpg

秋彩る(こなし)

四季が移ろい、折々に変わりゆく景色。秋の彩りの美しさには目を見張るものがあります。白こし餡を巻いたこなしで表現しました。

   
写真:kurikinton.jpg

栗鹿の子(鹿の子) 

実りの秋。季節がもたらす豊かな山の恵みを表現しました。白餡のまわりに蜜漬けした栗を贅沢にあしらっています。


写真:hitoha.jpg

一葉(小倉)

豊かな彩りに包まれる秋。木の葉が少しずつ紅葉しています。求肥を包んだ丹波大納言つぶ餡に、煉切で仕上げた一葉をつけました。




季節を彩るお菓子をご用命ください。
こちらの商品は店頭のみの販売となりますのでご了承ください。

2022冬カタログ