神無月

十月のお菓子

   
写真:teriha.jpg

照葉(煉切)

晴れ渡る秋の空。太陽の光に照らされて、美しく輝く木の葉を表現しました。木の葉型にした煉切で小豆こし餡を巻いています。

   
写真:kouringiku.jpg

光琳菊(上用)

菊香漂う季節です。洗練された趣で古くから愛され続けてきた光琳菊を、小豆皮むき餡を包んだ白上用生地で表現しました。

   
写真:jyukushi.jpg

熟柿(外郎)

鮮やかな色に染まる柿の実が、深まり行く秋景色に彩りを添えています。白こし餡を巻いた外郎で、柿の実を表現しました。

   
写真:akikusa.jpg

秋草(きんとん)

風に揺れる秋草が、辺りを優しく彩っています。丹波大納言つぶ餡を包んだ緑色のきんとんに、橙の煉切をつけて表現しました。

   
写真:yamazuto.jpg

山づと(こなし)

栗入りの白餡を包んだこなしで、栗の形そのままに仕上げました。実りの秋の山からの贈り物「山づと」を表現しています。

   
写真:kurikanoko.jpg

栗鹿の子(鹿の子) 

豊穣の秋です。白餡のまわりに蜜漬けした栗をあしらい、山から届く豊かな恵み、秋ならではの風情を表現しました。


写真:ogurayama.jpg

小倉山(小倉)

秋の山々が豊かな彩りに包まれています。丹波大納言つぶ餡で求肥の角切りを包み、紅葉色の煉切をのせ茶巾絞りにして表現しました。




季節を彩るお菓子をご用命ください。
こちらの商品は店頭のみの販売となりますのでご了承ください。
カゴに商品は入っていません