睦月

一月のお菓子

   
写真:sasamusubi.jpg

笹結び(煉切)

初春を迎える清々しい気持ちを、縁起の良い笹結びに込めました。笹の葉の形にした煉切で、大納言つぶ餡を巻いています。

   
写真:aratama.jpg

あら玉(煉切)

あらゆることが新しく始まる新年。掘り出したままの「粗玉」に、膨らむ希望を込め、小豆こし餡を包んだ煉切で表現しました。

   
写真:tancyou.jpg

丹頂(上用)

新春の華やいだ風情を感じさせる丹頂鶴。小豆皮むき餡を包んだ卵型の上用饅頭に紅羊羹を配して、優雅な佇まいを表現しました。

   
写真:tokiwagi.jpg

常磐木(きんとん)

鮮やかな松の緑に包まれる季節。長い時を経ても変わることなく、新春の風景を爽やかに彩る松樹を、きんとんで表現しました。

   
写真:kikkou.jpg

亀甲(棹物)

栗入り錦玉と小豆羊羹を流し合わせにしました。お正月らしく、おめでたい亀甲形に長寿の願いを込めて仕上げています。

   
写真:syosyun.jpg

初春(きんとん) 

新たな年を迎えるときの高揚感。始まりの季節、初春ならではの趣を丹波大納言つぶ餡を包んだ紅白のきんとんで表現しました。


写真:fukuume.jpg

福梅(外郎)

厳しい寒さの中でも、福を呼び込むように美しく花を咲かせる梅の花を薄紅外郎皮で表現しました。中餡は白餡です。




季節を彩るお菓子をご用命ください。
こちらの商品は店頭のみの販売となりますのでご了承ください。
カゴに商品は入っていません


2021冬カタログ