文月

七月のお菓子

   
写真:mezame.jpg

めざめ(煉切)

さわやかな空気に包まれる夏の朝。花開く前の朝顔のつぼみが清々しさを運んできます。小豆こし餡を包んだ薯蕷煉切で表現しました。

   
写真:iwashimizu.jpg

岩清水(小倉)

夏の暑さをひととき忘れさせてくれる岩清水。大納言つぶ餡で求肥をはさみ、錦玉の細切りをのせて清涼な水の流れを表現しました。

   
写真:tidori.jpg

千鳥(上用)

夏の水辺で遊ぶ千鳥を表現しました。小豆皮むき餡を包んだ白上用生地に水色をつけ、千鳥の紋様の焼印を配しています。

   
写真:natukodati.jpg

夏木立(きんとん)

夏の日中、あまりの暑さに日陰を探してしまいます。木立のなかで涼むひとときを丹波大納言つぶ餡を包んだきんとんで表現しました。

   
写真:houzuki.jpg

鬼灯(葛)

鮮やかな鬼灯が夏の訪れを告げています。暑い季節に涼を感じさせる朱色の葛で黄餡を包み、茶巾絞りにして表現しました。

   
写真:gione.jpg

祇園会(外郎) 

夏祭りといえば京都を彩る祇園会が有名です。白こし餡を包んだ外郎生地に三つ巴の焼き印を押して山鉾を表現しました。


写真:himawari.jpg

向日葵(きんとん)

夏の暑さをものともせず、大きな花を咲かせる向日葵の力強さ。夏の躍動感をきんとんで表現しました。中餡は丹波大納言つぶ餡です。




季節を彩るお菓子をご用命ください。
こちらの商品は店頭のみの販売となりますのでご了承ください。
カゴに商品は入っていません


2022夏カタログ