長月

九月のお菓子

   
写真:kozuenoaki.jpg

梢の秋(煉切)

紅葉が美しく色づいて、梢には秋の気配が漂っています。小豆こし餡を包んだ煉切で、彩りの季節を表現しました。

   
写真:tiyogiku.jpg

千代菊(煉切)

菊の花が咲く季節。秋を彩る千代菊の愛らしい姿を表現しました。紅色煉切に白色をぼかしています。中餡は小豆こし餡です。

   
写真:uduki.jpg

兔月(上用)

見上げた空にお月様。兎が餅をついているという言い伝えがあります。小豆皮むき餡を包んだ薯蕷饅頭で可愛らしい兎を表現しました。

   
写真:akinono.jpg

秋の野(きんとん)

秋の訪れとともに彩りにあふれる秋の野辺。美しい眺めを二色のきんとんで表現しています。中餡は大納言つぶ餡です。

   
写真:akikusa.jpg

秋草(きんとん)

風に揺れる秋草の小さな花。緑色のきんとんに、味甚粉をつけた黄色の煉切をのせ、可憐な花を表現しました。中餡は大納言つぶ餡です。

   
写真:satonoaki.jpg

里の秋(外郎) 

澄んだ青空のもと、鮮やかに色づいた柿がまぶしいほどです。白こし餡を包んだ外郎で、秋の味覚の柿の実を表現しました。


写真:tyusyu.jpg

仲秋(小倉)

夜空に浮かぶ中秋の名月を愛でるひととき。秋ならではの豊かな風情を栗の蜜煮をのせた小倉鹿の子で表現しました。




季節を彩るお菓子をご用命ください。
こちらの商品は店頭のみの販売となりますのでご了承ください。
カゴに商品は入っていません