如月

二月のお菓子

   
写真:mikaiko.jpg

未開紅(煉切)

愛らしい梅の花が開花の時を待っています。膨らんで今にも開きそうな蕾を煉切で表現しました。中餡は小豆こし餡です。

   
写真:sakiwake.jpg

咲分け(きんとん)

紅白の梅の花を同時に楽しめる咲き分け。ひともとの木に咲き揃う美しさをきんとんで表現しました。中餡は丹波大納言つぶ餡です。

   
写真:hukujyu.jpg

福寿草(黄味時雨)

見る人を幸せな気持ちにさせる黄色の花、福寿草。青海苔をあしらった黄味時雨で可憐な花を表現しました。中餡は小豆こし餡です。

   
写真:harutsuge.jpg

春告花(煉切)

寒さの厳しい季節に咲く梅の花が、春の足音を教えてくれます。小豆こし餡を包んだ薯蕷煉切で愛らしい花を表現しました。

   
写真:sousyun.jpg

早春(上用)

余寒の中、野山に芽を出すつくしに春の訪れを感じます。上用饅頭につくしの焼き印を押して表現しました。中餡は小豆皮むき餡です。

   
写真:iltusei.jpg

一聲(外郎) 

うぐいすが春を待ちかねてさえずっています。寒さの中、春を知らせるうぐいすを白こし餡を包んだ薄緑色の外郎で表現しました。


写真:yukiyama.jpg

雪山(小倉)

雪の残る山々。まだ厳しい寒さの早春に見られる美しい風景です。求肥を包んだ大納言つぶ餡を茶巾絞りにして表現しました。




季節を彩るお菓子をご用命ください。
こちらの商品は店頭のみの販売となりますのでご了承ください。
カゴに商品は入っていません


2022冬カタログ