神無月

十月のお菓子

   
写真:teriha.jpg

照葉(煉切)

秋空の下、輝くように美しい木の葉が道行く人を楽しませています。小豆こし餡を巻いた煉切で木の葉の形に仕上げました。

   
写真:kouringiku.jpg

光琳菊(上用)

季節を豊かに彩る様々な菊の花が咲いています。趣のある光琳菊を、小豆皮むき餡を包んだ白上用生地で表現しました。

   
写真:yamajinonishiki.jpg

山路の錦(きんとん)

山々に広がる色の競演に目を奪われます。山路の美しい景色を、三色のきんとんで表現しました。中餡は丹波大納言つぶ餡です。

   
写真:kanro.jpg

寒露(きんとん)

木に降りた露に陽の光が降り注ぎ、煌めいています。丹波大納言つぶ餡を包んだ緑色のきんとんに、錦玉を散らして表現しました。

   
写真:akiirodoru.jpg

秋彩る(こなし)

秋は自然がもたらす豊かな美しさを楽しむ季節です。白こし餡を巻いたこなしで、秋ならではの彩りを表現しました。

   
写真:kurikanoko.jpg

栗鹿の子(鹿の子) 

秋は実りの季節です。山の恵みの栗を蜜漬けして白餡のまわりに贅沢にあしらっています。豊潤な季節を表現しました。


写真:ichiyou.jpg

一葉(小倉)

深まる秋。木々の葉が美しい色に染まっています。求肥を包んだ丹波大納言つぶ餡に、煉切で色づいた一葉をのせて表現しました。




季節を彩るお菓子をご用命ください。
こちらの商品は店頭のみの販売となりますのでご了承ください。
カゴに商品は入っていません


2021冬カタログ