神無月

十月のお菓子

   
写真:teriha.jpg

照葉(煉切)

季節の色に染まる美しい木の葉が、穏やかな秋晴れの陽に照らされています。木の葉型にした煉切で丹波大納言つぶ餡を巻いています。

   
写真:kouringiku.jpg

光琳菊 (上用)

秋風に吹かれて菊の花が揺れています。季節を愛でる味わい深い趣を光琳菊に込め、小豆皮むき餡を包んだ白上用生地で表現しました。

   
写真:jyukushi.jpg

熟柿(外郎)

目の前に広がる秋景色。熟した柿の実の鮮やかさが、実りの季節を表わしています。白こし餡を巻いた外郎で柿の実を表現しました。

   
写真:akikusa.jpg

秋草(きんとん)

儚げな美しさのある秋の草花を表現しました。花に見立てた橙の煉切を緑色のきんとんにつけています。中餡は丹波大納言つぶ餡です。

   
写真:yamajinonishiki.jpg

山路の錦(煉切)

にぎやかな色合いに包まれる山路。秋ならではの心惹かれる風情です。小豆こし餡を包んだ三色の煉切で表現しました。

   
写真:kurikanoko.jpg

栗鹿の子 (鹿の子) 

山から届く豊かな恵み、嬉しい季節の便りを表現しました。白餡のまわりに蜜漬けした栗を贅沢に配しています。


写真:ogurayama.jpg

小倉山(小倉)

彩り豊かな秋。季節毎に景色を変える山々。求肥の角切りを包んだ丹波大納言つぶ餡に紅葉色の煉切をのせ、茶巾絞りにしています。




季節を彩るお菓子をご用命ください。
こちらの商品は店頭のみの販売となりますのでご了承ください。
カゴに商品は入っていません