葉月

八月のお菓子

   
写真:momonoka.jpg

桃の菓(煉切)

香り豊かな桃が実っています。薄紅色をぼかした白煉切で丸い桃の実の形に仕上げました。中餡は小豆こし餡です。

   
写真:aohisago.jpg

青瓢(上用)

縁起の良い瓢箪が実をつける季節です。小豆皮むき餡を包んだ上用生地に緑をぼかし、瓢の焼き印を押しています。

   
写真:ryokuin.jpg

緑陰(きんとん)

焼けつくような夏の日中。太陽の光を遮る木陰にほっとします。丹波大納言つぶ餡を包んだきんとんで緑陰の涼やかさを表現しました。

   
写真:uchimizu.jpg

打水(きんとん)

夏の日の打水は、行き交う人々に涼しさを運びます。丹波大納言つぶ餡を包んだきんとんに錦玉を配して夏の趣を表現しました。

   
写真:seseragi.jpg

せせらぎ(流物)

何処からか聞こえる川のせせらぎの音が涼感を伝えています。丹波大納言つぶ餡に煉切の楓を乗せ、水色の錦玉で巻いて仕上げました。

   
写真:benifuyou.jpg

紅芙蓉(外郎) 

美しい紅芙蓉が咲いています。伸ばした白外郎生地を四角に抜いて紅餡を包み、折りたたんで季節を彩る花を表現しました。


写真:kikyou.jpg

桔梗(煉切)

季節の移ろいと共に、美しい花が彩りを見せます。風情豊かに紫の花を咲かせる桔梗を煉切で表現しました。中餡は小豆こし餡です。




季節を彩るお菓子をご用命ください。
こちらの商品は店頭のみの販売となりますのでご了承ください。
カゴに商品は入っていません


2019残暑見舞い