霜月

十一月のお菓子

   
写真:karanishiki.jpg

唐錦(煉切)

秋模様に染まる山々は唐織物のような美しさです。小豆こし餡を包んだ三色の煉切で、目を奪われるような季節の彩りを表わしました。

   
写真:kodachi.jpg

木立 (きんとん)

木の葉が染まりゆく様は、彩り豊かな季節の楽しみです。秋色の木立を、丹波大納言つぶ餡を包んだきんとんで表現しました。

   
写真:shiragiku.jpg

白菊(上用)

菊の香に包まれる季節。青空の下、凛と咲く花に心が洗われるようです。小豆皮むき餡を包んだ上用饅頭で白菊を表わしました。

   
写真:momiji.jpg

紅葉(煉切)

優しい秋の陽を浴びて、輝くような紅葉の季節です。重ねた煉切で小豆こし餡を巻き、紅葉がもたらす季節の風情を表現しました。

   
写真:inoko.jpg

亥の子餅 (求肥)

亥の子の祝い、無病息災と子孫繁栄の願いを込めた故事を表現しています。求肥に小豆を混ぜて猪に見立て、小豆こし餡を包みました。

   
写真:namikiji.jpg

並木路 (外郎) 

黄色く色づいた並木。季節は晩秋を迎えています。風に舞ういちょうの葉に漂う趣を、白餡を包んだ外郎で表現しました。


写真:kinsyu.jpg

錦繍(きんとん)

錦繍の秋ならではの山々の美しさ。彩りに満ちた季節を二色のきんとんで表現しました。中餡は丹波大納言つぶ餡です。




季節を彩るお菓子をご用命ください。
こちらの商品は店頭のみの販売となりますのでご了承ください。
カゴに商品は入っていません