師走

十二月のお菓子

   
写真:yabukouji.jpg

藪柑子(煉切)

冬色の景色の中に見つけた鮮やかな赤い実。小豆こし餡を包んだ緑色煉切に紅色の羊羹をつけ、一際目を惹く薮柑子を表現しました。

   
写真:nozomu.jpg

望(きんとん)

来年の宮中歌会始のお題、『望』に因み、よりよき新年への希望を紅白のきんとんで表現しました。中餡は丹波大納言つぶ餡です。

   
写真:kanbotan.jpg

寒牡丹(上用)

寒さのなか大輪の花を咲かせる寒牡丹。白上用生地に紅色をぼかし、やわらかに膨らむ蕾を表現しました。中餡は小豆皮むき餡です。

   
写真:shibanoyuki.jpg

柴の雪(きんとん)

あたりは一面の銀世界。柴に雪が積もる冬景色の美しさを、丹波大納言つぶ餡を包んだきんとんと白煉切のそぼろで表現しました。

   
写真:yukiyama.jpg

雪山(小倉)

山々も冬の装い。山頂には雪が積もっています。求肥の角切りを包んだ大納言つぶ餡に白い煉切をのせ、茶巾絞りにして仕上げました。

   
写真:korogaki.jpg

ころ柿(求肥) 

一つ一つ皮をむき、軒先に吊るす干し柿。風に揺れる姿は冬ならではの風情です。柿餡を包んだ求肥で干し柿の形を表現しました。


写真:kantsubaki.jpg

寒椿(煉切)

季節を彩る寒椿が美しい花を咲かせています。小豆こし餡を包んだ芋煉切で、寒さの中にも凛とした佇まいを見せる花を表現しました。




季節を彩るお菓子をご用命ください。
こちらの商品は店頭のみの販売となりますのでご了承ください。
カゴに商品は入っていません


2019冬ギフト