弥生

三月のお菓子

   
写真:hanaikada.jpg

花筏(煉切)

桜の花が咲き、花びらが舞い降りています。ゆらゆらと水面を流れる美しい花びらを表現しました。煉切で小豆こし餡を巻いています。

   
写真:senbonzakura.jpg

千本桜(きんとん)

晴れ渡った空の下、桜並木が続く道を歩く心地良さ。見事に咲いた千本桜をきんとんで表現しました。中餡は丹波大納言つぶ餡です。

   
写真:syunpuu.jpg

春風(上用)

穏やかな風がそよぎ、頬をなでていきます。優しい風が吹く春の日を上用生地で表現しました。中餡は小豆皮むき餡です。

   
写真:nanohana.jpg

菜の花(きんとん)

野原を埋めつくすように咲いた菜の花が春の訪れを知らせています。丹波大納言つぶ餡を包んだきんとんで表現しました。

   
写真:harunoyamaji.jpg

春の山路(こなし)

山路も春の装い。春の花が色とりどりに咲いています。風情豊かな春の山路をこなしで表現しました。中餡は小豆こし餡です。

   
写真:kocyou.jpg

胡蝶(外郎) 

花のまわりを舞うように飛び交う蝶の可愛い姿を表現しました。白こし餡を包んだ黄色の外郎生地に焼き印で紋を付けています。


写真:ogurayama.jpg

小倉山(小倉)

草木が芽を出す春の山の趣を表現しました。丹波大納言つぶ餡で求肥の角切りを包み草色と桃色の煉切を付け茶巾絞りにしました。




季節を彩るお菓子をご用命ください。
こちらの商品は店頭のみの販売となりますのでご了承ください。
カゴに商品は入っていません