長月

九月のお菓子

   
写真:kozuenoaki.jpg

梢の秋(煉切)

秋の彩り、紅葉が色づいています。季節の移ろいを知らせてくれる自然の美しさを煉切で表現しました。中餡は小豆こし餡です。

   
写真:kisewata.jpg

着せ綿(煉切)

菊を覆った真綿に香りと夜露を移し、翌朝身体を拭うと長寿が保たれるとの風習、着せ綿。小豆こし餡を包んだ煉切で表現しました。

   
写真:meigetsu.jpg

名月(上用)

十五夜には芋名月の異名があり、里芋を供えます。小豆皮むき餡を包んだ上用で、秋の夜の豊かな風情を表現しました。

   
写真:akinono.jpg

秋の野(きんとん)

色とりどりの草花で覆われる秋の野。美しい季節の彩りを二色のきんとんで表現しました。中餡は大納言つぶ餡です。

   
写真:hakuro.jpg

白露(きんとん)

庭の草木に露の玉がきらきらと白く輝いています。緑色のきんとんに錦玉を散らして表現しました。中餡は丹波大納言つぶ餡です。

   
写真:satonoaki.jpg

里の秋(外郎) 

色づいた柿が実る季節。秋景色を鮮やかに彩る柿の実の形をそのままに外郎で表現しました。中餡は白こし餡です。


写真:cyusyu.jpg

仲秋(小倉)

秋の夜長の楽しみ。夜空に輝く中秋の名月の美しい輝きを表現しました。小倉鹿の子に栗の蜜煮をのせています。




季節を彩るお菓子をご用命ください。
こちらの商品は店頭のみの販売となりますのでご了承ください。
カゴに商品は入っていません