霜月

十一月のお菓子

   
写真:karanishiki.jpg

唐錦(煉切)

秋も深まり、山々は唐織物のような美しい色彩に満ちています。小豆こし餡を包んだ三色の煉切で、自然が描く秋景色を表現しました。

   
写真:kodachi.jpg

木立(きんとん)

木の葉が色づき、街を美しく彩っています。秋の賑わいを見せる木立を、きんとんで表現しました。中餡は丹波大納言つぶ餡です。

   
写真:oribe.jpg

織部(上用)

茶人の炉開きに使われる伝統的な織部焼を表現しました。小豆皮むき餡を包んだ薯蕷饅頭に織部色を付け、井桁の焼印を押しています。

   
写真:momiji.jpg

紅葉(煉切)

鮮やかな紅葉が輝きを見せる季節です。小豆こし餡を包んだ煉切で、紅葉の形に仕上げています。秋を彩る美しい紅葉を表現しました。

   
写真:inokomochi.jpg

亥の子餅(求肥)

亥の子の祝いの故事は、無病息災と子孫繁栄を願うものです。求肥に小豆を混ぜて猪を表現しました。中餡は小豆こし餡です。

   
写真:namikiji.jpg

並木路(外郎) 

銀杏の葉が色づいた並木。風に舞う黄色い葉に秋の風情が漂います。深まる秋の並木路を、白餡を包んだ外郎で表現しました。


写真:kinsyu.jpg

錦繍(きんとん)

自然が織りなす秋の山の彩りは、目を見張るほどの美しさです。丹波大納言つぶ餡を包んだ二色のきんとんで錦繍の秋を表現しました。




季節を彩るお菓子をご用命ください。
こちらの商品は店頭のみの販売となりますのでご了承ください。
カゴに商品は入っていません


2019冬ギフト